新人女性ドライバーがタクシー会社で受ける研修内容とは

新人女性ドライバーがタクシー会社で受ける研修内容とは

男性とは違って、タクシードライバーとなる転職を考えるならば稼ぐための学び、指導を受けられることが大事です。基礎がしっかり構築されていなければ、転職してもすぐに離職することにもなりかねません。しっかりサポートする会社選びもポイントです。

たっぷり時間を設けてドライバーとして育成させる

異業種からタクシードライバーとして転職する場合、研修を受ける必要があり、その後、配属先が決まります。期間はおよそ20日間から30日間ですが、大手タクシー会社では短期15日間の研修が行われています。研修内容は会社によって異なる他、女性の場合には護身術まで身につける機会も設けられています。新人ドライバーとして従事するにも、普通自動車二種免許を取得する必要があります。免許を取得するにも一回で合格したいものです。自動車教習所で教わりますが、客を乗せるサービス業であるため、安全に運転する方法をこの期間に修得することも大切です。普通自動車二種免許の取得後には、難易度が高く、多くの女性が苦手とする地理試験対策、受験が待ち構えています。

特色が活かされた学びも展開される

地理試験対策から受験し、合格した後、特に首都圏を中心にタクシー会社への鞍替えや転職を考えるならば、自動車事故対策機構の適性診断を受けなければなりません。その他、タクシーの営業に関することとして、接客や機器操作、無線営業の研修などが待ち構えています。もちろん、新人ドライバーとして実地研修があり、その後は配属先によって研修が行われます。新人でも、女性の場合には顔を覚えてもらいやすく、女性ならではのきめ細かな心配り、気さくさなど、サービスの高さでお金を稼ぐことが期待できます。タクシー会社での研修内容にも、こうした特色を活かした指導に熱を入れているケースもあるほどです。

配属された後もしっかり学べる環境

乗車から降車まで、様々な場面についても学びますが、タクシー会社によってはマナー研修も実施されています。女性や高齢者の中には、女性ドライバーを指名することも増えており、加えて最近では子供の送迎にタクシーを利用するケースもあります。介助サービスなども含めた作法もポイントですし、実際の機器を使って、シミュレーションも行われます。地理から始まり、顧客対応や無線営業の研修、日常点検やタクシー洗車までも行い、加えて、女性1人だからこそ不審者の対応やパンク時のタイヤ交換なども行います。無事に終了すると配属先が決まり、女性ドライバーとしての最初の乗務では、助手席にベテラン乗務員が同乗してくれます。

まとめ

転職を検討するにしても、女性ドライバーとして活躍するまでには、地理をインプットしたり、免許を取得したりサービス業ならではの研修が待ち受けています。基本を学ぶことにより、女性でも安定して稼ぐことにも繋がります。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP