結婚しても女性タクシードライバーは続けられるのか

結婚しても女性タクシードライバーは続けられるのか

結婚しても女性タクシードライバーだったら続けやすいのは、働く時間が意外と自由だからです。子供中心ならドライバーとして昼だけ働くことができますし、休みを重視したいのであれば週に3日や4日休める働き方もあります。

ハッピーウェディング後も続けやすいタクシーの仕事

結婚しても女性タクシードライバーは続けられるのかどうか、職業として選択をする際にも気になりますが、結論から言うと続けることは可能です。むしろ家族ができて家事の負担も増えることになったとき、タクシー業界での働き方は良きサポートになります。普通の企業勤務のOLのように、朝から夜まで決まった時間で働き、週末は完全2日でお休みというのも、ライフスタイルが安定をしている働き方です。でも家族ができると何よりも家族を中心にした生活が始まるので、タクシー勤務の柔軟性は味方になります。仕事をする時間帯はタクシー会社の規定にもよりますが、一般企業よりかなり融通が利くためです。

働きやすい雇用形態や福利厚生の充実ぶりも

結婚が女性タクシードライバーとして活躍することのネックにならないのは、働きやすい整備や勤務形態が整っているためです。いくつものタクシー会社が国内にはありますが、どのタクシー会社も今では女性のドライバー雇用を積極的に行っていますし、未婚や既婚は関係がありません。男性社会といわれてきたタクシー業界ですが、今の労働環境は女性の味方です。忙しい毎日を駆け抜ける女の人だからこそ、社会でもっと働きやすくする労働環境を、タクシー業界では整えていますし、雇用目標としても掲げている会社が多くなっています。勤務形態だけではなく福利厚生に関しても、満足のいくものであることが多いです。

昼だけや休みをしっかりととる働き方も

女性タクシードライバーであれば結婚をしても続けられるのは、昼日勤や隔勤など選べるからです。一般の会社だったら朝から夕方までの固定時間の勤務ですが、タクシー業界は働き方に柔軟性があるため、皆が同じ時間働いているわけではありません。まだ小さな子供のいる主婦であれば、何よりも子供優先の生活ですから、昼日勤の働き方が最適です。スタンダードなタクシードライバーとしての働き方として、隔勤で休みをしっかりとることもできます。営業スタートは8時から開始して少し長めの勤務にはなりますが、これだと週に3日くらいは休みを取ることが可能です。

まとめ

女性は結婚したら会社は退職という時代はすでに終わっていますし、タクシードライバーならずっと働くことができます。仕事をする上での勤務形態や福利厚生に至るまで、タクシードライバーとして女性が働きやすい環境が整えられているためです。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP