女性ドライバーがタクシー会社で受けられる福利厚生

女性ドライバーがタクシー会社で受けられる福利厚生の内容とは

男性社会では融通性が皆無、こうした点から転職先に注目度のあるタクシードライバーを選ぶ女性は少なくはありません。大事なのは、お給料だけではなく、未だに少ない女性ドライバーの枠には何が必要なのか、福利厚生も十分チェックが必要です。

スキルなどをしっかり磨くことが会社負担でできる

交通省から女性ドライバー応援企業として認定されているタクシー会社に注目が集まっています。タクシードライバーの給与は一般的に歩合制ですから、経験や年齢に関わらず、女性も平等にお金を稼ぐこともできます。もちろん初めての場合、稼ぐにも右も左も分からないため、配属後、一定期間の固定給与、パート勤務による時給制を取り入れているケースもあります。未経験からでも始められる充実した福利厚生も魅力で、乗務員としてのノウハウを培っている女性講師から研修を受けたり、地理試験や運転免許、資格支援制度これらに掛かる費用も会社が負担してくれます。知識や技術など、補える部分が評価できます。

時間の都合も付けやすくなっている

タクシー会社に入社すれば、社会保険に加入できる安心感もありますが、有給休暇の取得や休日振替、残業なしなども女性には魅力です。昼日勤と夜勤、昼と夜のどちらも働く隔日勤務から選ぶこともできます。フレックスタイムを導入するタクシー会社も増えていて、こうした勤務体系が選べるのは、家事や育児、介護などの主婦兼タクシードライバーとして活躍したい女性向きで、転職前の職で融通が利かなかった方に適した環境です。もちろん最近では、出産や育児に給付金を出してくれたり、その間の資格支援があったり、ブランクがあっても再雇用するケースも増えています。

女性のための設備などがプラスされている

また、タクシー会社の福利厚生の特徴は、専用設備の充実が注目されています。例えば、女性専用寮をはじめ、隔日勤務などでは仮眠やシャワータイムも必要です。乗客へのエチケットや安全を目的としており、シャワー室や仮眠室を会社に設けています。もちろん車両にも空気清浄機能、防犯カメラを搭載するなどの配慮もされています。中には、ブランケットを車内に置いてくれているサービスの良さもあります。他にも、託児所や保育所を完備するタクシー会社が増えており、時間調整、急な残業にも対応できるようになっています。施設利用も月1万円前後、会社によっては無料で提供してくれます。

まとめ

タクシードライバーとして、給料形態は歩合制ですが、未経験では不安な女性も少なくはありません。転職希望では、育児によって致し方なくという理由もあり、タクシー会社では保育・託児所完備で勤務支援したり、給料も固定給にするなど、納得できる福利厚生で支援してくれます。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP