各タクシー会社に在籍する女性ドライバーの平均年齢とは

各タクシー会社に在籍する女性ドライバーの平均年齢とは

各タクシー会社には笑顔も魅力的な女性ドライバーが在籍するケースが増えていますが、20代から60代と年齢層は幅広いです。若い世代も活躍をしていますが、やはり最も多いのは50代から60代の女子であり、子育ても一段落して自分の時間を有効活用できる世代は、タクシー業界で働くにも良い世代だといえます。

年齢層が高い女子も働きやすい職場環境

記事のイメージ画像

タクシー会社に在籍する女性ドライバーの平均年齢としては、50代くらいが圧倒的に多くなります。活躍をする女子タクシードライバーの多くは、50代から60代という比較的年齢層の高い年代ですが、だからこそ丁寧な運転に経験豊富な女子ならではの気遣いもできる点も人気です。なぜ熟練の大人世代女子がタクシー業界で活躍をするケースが多いかですが、タクシー業界は歩合制が多いのも理由になります。年齢が上がれば新しい職場は年下上司になりますが、タクシーなら上下関係はほとんど関係ない個人プレーですし、歩合制だから自分の頑張り次第で収入アップも夢ではありません。

お客さんからのニーズもある若い世代のドライバーも

各タクシー会社在籍の素敵な女性ドライバーの平均年齢は高めですが、20代から40代の若い世代も活躍をしています。まだ若い世代は社会人経験も少ないながらも、若いという恵まれた時代を生きているので、地理などのインプットもすぐにできますし、体力だってあるので長時間勤務もこなしやすいです。だからこそ長時間の運転もつらくはないですし、新しい道も裏道もどんどん覚えてお客さんの要望にも応えやすくなります。若い世代でタクシー業界に入った女子が、50代や60代まで働くケースも多いです。それだけ実はタクシーを仕事にすることは、きめ細やかな配慮のできる女子には向いているということであり、女子ドライバーのニーズは高まっています。

年齢層高めの女子も活躍をしやすいタクシーの世界

タクシー会社には華やかな女性ドライバーたりも在籍していますし、平均年齢は少し高めですが、いくつになっても女子が働きやすい環境です。50代や60代でドライバーとして活躍をするのは当たり前の世界ですし、70代女子ドライバーだって全国では活躍をしています。運転への不安を無くすためにも高齢になってくると、働く時間を短くするなどタクシー会社側としても配慮はしているので、無理な働き方にはなりません。普通の一般企業の事務員であれば定年退職と同時に職を失いますが、タクシーの世界なら年齢は割と融通が利きます。タクシー会社に定年がないわけではないですが、比較的高齢世代まで働ける環境があるので、その点でも恵まれている職場環境です。

まとめ

男性だけではなく女性も各タクシー会社には在籍する時代であり、平均年齢は高めですが皆パワフルです。若い世代の女子ドライバーもいますが、50代60代の女子ドライバーは明るい笑顔とやる気がみなぎっていますし、経験豊富なだけにどんな状況にも柔軟に対応ができます。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP