女性タクシードライバーの勤務時間とは

女性タクシードライバーの勤務時間とは

女性タクシードライバーの勤務時間として、大きくは3パターンあります。ママドライバーに愛される昼日勤の働き方や、夜なので眠さとの戦いもあるもののガッツリ稼げる夜日勤、それに男女ともに多くの人が選ぶスタンダードな隔勤です。

ママなら保育園の送迎に間に合うような勤務を

女性タクシードライバーの勤務時間として子供のいる人だったら、最も人気があるのは昼日勤です。結婚をしてかわいい子供が生まれていからは独身時代と生活は大きく変わり、何かと子供がメインの生活に切り替わります。保育園に朝は8時くらいに子供を送り届けたら、そのまま職場へ出かけてドライバーとして働き、保育園のお迎えに間に合うように16時くらいには仕事を終えるタイムスケジュールです。17時くらいには保育園に子供のお迎えに行くことができるので、昼日勤は働くママの味方になります。無理をして長時間働くよりも子供に合わせた生活と仕事ができる、それが働くママにとってもドライバーをやっていてよかったと思える点です。

休日をきちんと確保したい女子の働き方

女性タクシードライバーの勤務時間として、隔勤は休みを確実に確保できる働き方です。タクシー業界で働くドライバーたちにとって、隔勤は最も一般的な働き方になります。開始はすがすがしい朝の8時ころから次の日の2時くらいまでと長いですが、だからといって18時間あまりをノンストップで運転をしているわけではありません。いくらプロの優良ドライバーであろうともノンストップでは疲労感が溜まるので、仕事の合間にはちゃんと休憩時間をいれますし、数時間くらいは休憩というのはよくあります。隔勤はオーソドックスで有りつつ勤務時間は長めですが、自分時間を確保しやすい勤務スタイルです。

夜日勤のドライバーとしてがっつり稼ぐことも

女性タクシードライバーの勤務時間はいくつかのパターンがありますが、夜日勤でしっかり稼ぐのもひとつです。医療機関で活躍をするナースたちは、入院施設のある病院勤務だと、二交代制や三交代制などで夜勤がありますが、そのタクシーバージョンのようでもあります。ただ医療業界のナースと違うのは、夜勤で働くにしても仲間はいないで、一人だけでの勤務という点です。夜日勤は夕方から翌日2時くらいまでの勤務なので、働きやすいかといえば女子にはそうでもありません。夜間という起きているにも辛い時間にはなりますが、稼ぐには良い時間の勤務です。

まとめ

女性タクシードライバーの勤務時間として、独身か子供ありかでも時間は違います。小さな子供を持つママであれば朝早くから日中の勤務が助かりますし、少し長いけれども長時間働き、休みはしっかりと取得の働き方をすることも可能です。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP