女性ドライバー応援企画とは何か働きやすいタクシー会社

女性ドライバー応援企画とは何か

記事のイメージ画像

女性が活躍する時代となりました。より多くの女性が働くことができるよう、国土交通省自動車局は平成26年7月から女性ドライバー応援企業の認定を行うことになりました。基準を設け、満たしている企業を認定するシステムで、女性が働きやすい会社かどうかチェックすることができます。

認定を得るために基準を満たす必要がある

女性ドライバー応援企業に認定されるには、三点満たす必要があります。第一に女性ドライバーの雇用目標の設定を行う必要があります。女性の雇用を行う具体的な計画があるということで、具体的な取り組みがなされている証拠となります。第二に、働きやすい施設や勤務形態の整備への取り組みが行われている必要があります。これは、女性だけではなく全ての従業員が対象となっており、目標が明確であることが条件となっています。子育て中の女性であれば、子供の関係で残業ができない場合もあります。女性の立場に寄り添った勤務時間帯を選択できることが必要です。

労働力不足を解消させることができる

第三に、勤務形態や福利厚生等を公表している必要があります。どのような形で勤務するのか明確であれば、子育て中の女性でも安心して働くことができます。福利厚生がしっかりとしていると、シングルマザーの方でも安心して生活をすることができ社会の安定につながります。これは、女性の活躍を推進させるだけの取り組みではありません。高齢化社会となり労働力の低下が予想されます。女性が働くことによりタクシー事業での労働力不足の解消につなげることができます。また、女性が働くことにより税金が増え、社会保障を増やすことにもつながります。

安心して暮らすことができる社会となる

女性ドライバー応援企業の取り組みとは、高齢化社会を円滑に過ごしていくための工夫でもあります。女性ならではの感性で、高齢者や妊婦に対して優しい気配りを行うことも可能です。気配りできることを活かし、歩合制に切り替え収入を増やすことも可能です。収入が増えるということは、自信を持つことにもつながります。余裕が生まれ、より一層仕事に励むことができます。優しい気配りを至るところで受けることができ、誰もがより安心して暮らすことができるようになるのではないでしょうか。そんな社会を実現させるためにも、女性ドライバー応援企業を増やすことが大切です。

まとめ

女性が活躍する時代となり、国土交通省自動車局は女性ドライバー応援企業の認定を始めました。雇用目標の設定や勤務形態の公表が必須となります。女性が活躍することにより労働力が増え、高齢化社会の労働力不足を補うこともできます。女性ドライバー応援企業とは、高齢化社会を生き抜くための新たな秘策ともいえるのではないでしょうか。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP