子育て中のタクシードライバーの1日の勤務状況

子育て中のタクシードライバーの1日の勤務状況

タクシードライバーを希望する女性は増えてきていますが、夜勤乗務が当たり前な世界のため、子育て中の方は勤務体制が気になって当然です。タクシードライバーへの転身を希望しているなら、女性ドライバーがどのような働き方をしているのか知っておくと良いでしょう。

女性に優しい勤務体制を整えている

現在は女性のタクシードライバーが増えていることから、日勤乗務のみを選択可能としているところが多いです。特に大手では女性ドライバーに優しい勤務体制を心がけており、子育て中の方でも無理なく働ける環境にあります。現に子育て中でありながらもバリバリ稼いでいる女性は大勢います。これらの状況から見ても、子育て中だからといってタクシードライバーへの転身を諦める必要はありません。現在の勤務待遇を確認したければ、各社がホームページ内で掲載しているドライバー求人情報を閲覧してみましょう。どこも女性が働きやすい環境作りをしていることがわかるはずです。

日勤なら1日の勤務状況は通常のお務めと変わらない

記事のイメージ画像

女性ドライバーに人気の日勤乗務を選択すれば、通常のお務めと同様に、午前8時に乗務を開始し、午後5時に帰車できます。日勤は残業を行う必要もありません。朝お子さんのお弁当を作り、夕方帰宅し家事をこなすことも可能です。勤務中は休憩時間もしっかりと1時間取れるため、昼食、休息を挟んで負担の無い形で働いていけます。お客さん商売なので昼食時間がずれることもありますが、そこは臨機応変に休憩時間を決められるので大丈夫です。子育て中の多くの方が、こういった勤務状況の中で働いています。日勤を選択すれば、1日の勤務状況は他の一般職とほとんど変わりません。子育ても学童期以上のお子さんであれば、十分に両立していくことができます。

休日も取りやすいので家族の時間を大切にできる

ただ、日勤の場合でも休日は土日や祝日に被ることがあります。お子さんをお持ちなら、土日祝日は家族と一緒に過ごしたいのが当然でしょう。とはいえ、シフト管理を徹底している会社なら、休日も希望に合わせて取りやすくなっています。事前にお休みしたい日を定めて申告しておけば、土日祝日に合わせることも可能です。ご家族でのお出かけや、お子さんの運動会、授業参観などもしっかりと出席できるでしょう。日勤なら1日の勤務を負担無くこなすことができますし、休日も取りやすいため、挑戦する前に勤務体制であれこれ悩む必要はありません。

まとめ

上記のように、タクシー勤務は子育て中の女性も十分に活躍できる環境にあります。特に大手は深い理解を持って女性の労働環境を整えています。努力を続けることでしっかりと稼いでいける職業なので、是非挑戦してみましょう。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP