タクシー会社によってそれぞれ違う!女性ドライバーの制服

タクシー会社によってそれぞれ違う!女性ドライバーの制服

タクシードライバーとして仕事をするなら、女性であれば好みの制服のタクシー会社を選びたいでしょう。会社によってデザインは様々なので、自分の好きなデザインの会社から選んでもいいでしょう。ホームページなどで見られます。

黒を基調とした落ち着いた雰囲気のもの

タクシードライバーといえば、以前は男性ばかりの職種でした。今はいろいろなドライバー職に女性が進出し、タクシードライバーでもどんどん採用を勧めています。同性の人からの要望が強かったり、優しい対応などで男性よりも人気があるとする会社もあります。ではどんな制服が用意されているかです。タクシー会社では、男性社員用として黒を基調としたものを用意しているところが多いですが、同様に黒を基調としているものを使うところがあります。飛行機や鉄道関係、バスなども黒が多く、信頼感を与えられる所から選ばれるのかもしれません。もちろんデザインなどは男性のものとは異なっています。

ピンクや淡い色などを使ったタイプ

仕事をするとき、制服で選ぶ人もいるようです。アルバイトなどでは、可愛いものを用意しているところが人気になっていることもあります。タクシー会社において女性が着るものはどんなものかですが、ピンクなどの淡い色のものを使っているところがあります。男性は黒っぽいものを着ていますが、女性らしさが出る色で、ここで働きたいと感じる人に来てもらおうとしているのかもしれません。着て働く側にも気分が良いですが、タクシーを利用する側としてもかわいらしい色のものを着てもらえると安心感があります。同じ色で統一しているところもあれば、いくつかの色から選べるところもあります。

スカーフなどのポイントで違いを見せる

タクシードライバ―といえば男性が多い職種です。それぞれのタクシー会社で制服が用意されていて、基本的にはスーツにネクタイ、さらに帽子などを用意しているところもあります。黒や紺などの落ち着いた色の所もあれば、会社のカラーや車体のカラーに合わせているところもあります。では女性はどんな服を着るかですが、見た目は男性とほとんど同じの所があります。ただ、ところどころに女性らしさが出るような工夫がされています。ネクタイの代わりにスカーフをしたり、ポイントが付けられていたりします。基本的にはパンツスーツを着用していますが、会社によってはスカートを選べるところもあります。

まとめ

女性がタクシードライバーになるためにタクシー会社を選ぶとき、制服がどうなっているかが気になるようです。男性と同じようなタイプもあれば、色合いなどを全く変えているところもあります。スカーフなどで多少の変化をつけています。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP