女性がタクシー会社の面接を受けるときのポイントとは

女性がタクシー会社の面接を受けるときのポイントとは

女性もタクシードライバーとして活躍の場は広がっていますので、タクシー会社での面接の際には、清潔感と明るさをもって受け答えをします。髪の毛の色もメイクも派手にはならないようにして、ナチュラルメイクにできるだけ自然な黒い髪の色、靴や爪先までキチンとしておくことです。

爪先までチェックされていることを忘れずに

記事のイメージ画像

女性ドライバーとしての活躍を夢見てタクシー会社の面接を受ける際、身だしなみはきちんと整えることです。最初の印象はその人の評価にもダイレクトにつながりますので、スーツをきちんと着こなして見た目を整えることで、最初の印象を高めることができます。身だしなみも重視されるのがタクシードライバーですから、当日は黒や紺色などのスーツにキチンとアイロンのかかったシャツ、サイズの合った靴にも磨きをかけて臨みます。髪の毛の長い人はだらしなくならないように、一つにまとめておいた方がきちんとした印象です。ネイルが流行りですが当日は派手なジェルはしないこと、爪先まで見られています。

事前にある程度のタクシー業界の学びを得ておく

タクシー会社の面接時に女性もやっておきたいのは、事前にタクシー業界のことを勉強しておくことです。何も知識無くして出かけていくのは逆に失礼になりますし、ある程度タクシー業界に関して勉強をしておくことで、質問にも自分の言葉で答えやすくなります。タクシードライバーの給与システムのこと、勤務体制に関わることなども学んでおくことです。歩合制を導入している会社が多いのがタクシー業界なので、面接時にその点を質問しても構いません。勉強をした上でのぎもんをぶつけることで、逆に学んできたことが伝わりやすく、好印象を持たれる可能性もあります。

明るい笑顔とはきはきとした受け答えを

女性がタクシー会社の面接を受ける際のポイントは、何よりも笑顔と明るい受け答えです。明るくてすがすがしい印象を与えるのは大事ですし、最初の印象は消えることなくずっと記憶に残ります。その場だけの好印象ではなく時間を守ることは必須ですから、遅刻は厳禁だと心得ることです。当日は時間に余裕をもって行動をする必要がありますので、会場には10分前には到着をすること、身だしなみを整えて深呼吸をする余裕は持つようにします。明るい笑顔での挨拶をすること、言葉遣いは丁寧でありながら、接客業ですからきちんとした言葉遣いができることも大切です。

まとめ

女性がタクシー会社での面接を受けるときには、タクシー業界のことを知っておくとスムーズです。質問にも答えやすくなりますし、逆に働く側としても質問をしやすくなるので、受け答えに関して順調にやり取りをしやすくなります。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP